ドリナイSS レートの部屋

スマートフォンアプリ ドリナイSSの攻略方法・レートなどを紹介しています。

レートの大局観をつかむ7つのセオリー

トレードで自分の欲しい選手をGETするためには、レートについて理解する必要があります。レートは日々変わっていくものなので、ヘビーユーザーでない限りはなかなか全体像をつかむのが難しいです。「新しい選手が追加された」「退団選手が出た」「排出量が増えた」などで、状況が一変することも少なくありません。ですが、ドリナイを見つめていなくてもおおよその大局観はつかむことができます。

ここではまず、トレードを有利に進めていくための「レート」についての判断軸を記載していきたいと思います。※中級者以上にとっては、この章はおさらい的にな内容になっているかと思います。

球団ごとのレート

選手の所属球団は、レートに大きく影響します。それは各ユーザーが集めている球団比率にばらつきがあるためです。例えば巨人選手であればファン球団としている人が多いため、相対的にすべての選手のレートが高く、逆にオリックスなどではすべての選手のレートが相対的に低くなります。ドリームナインユーザー内での球団人気は、おおよそ以下の順になっているかと思います。

巨人 > ソフトバンク・阪神 > 中日・広島 > ヤクルト・日ハム・西武 > ロッテ・オリックス・横浜・楽天

トレード検索している際には、ぜひ気にしてみるといいかもしれません。

作戦ごとのレート

各選手が持つ作戦ごとでも、レートが異なります。これはいつどのような経緯で差がついたのかはわかりませんが、明確に差があります。理由があるものとすれば、裏作戦レートの低さでしょう。作戦の特殊能力的に相手のオーダーに依存してしまうため、ポテンシャルとしての強さを作りづらく、かなり不人気な作戦となっています。作戦の優位性は以下のようになっています。

赤 > 青裏以外 > 黄 > 緑 > 青裏

また赤作戦の「積極打撃」などは、通常の作戦より高くレートを見積もるユーザーもいますが、実体としてはそれほど多くは影響はしません。

ポジションによるレート

選手のメインポジションによっても、若干ですがレート的には差が出ます。優位性としては「捕手」だけがややレートが上がりやすい傾向にあります。ただしポジション自体よりはそのポジションに代わりになる有力選手がいるかということがかなり大きな要素になってきます。

具体的には、☆6や限定選手で排出されているかということがキーになってきます。中級者以上になるとオーダーは☆6以上では組みたいものです。なので☆6で正規ポジションの選手が代わりにいなければ、対象選手を入手する他にないのです。新選手が排出された際の予想などで、この観点で選手を見てみると面白いかもしれません。

排出時期によるレート

選手のレートは排出された当初が最もレート的には高く、徐々に下がって一定のラインで落ち着くというのがレートの標準的な動きです。それはもちろん1度選手が入手できたユーザーにとっては、限界突破で利用する以外では、その選手を入手する必要がなくなり、排出量に比例してニーズも下がっていくからです。なのでOpeningなどで排出された選手などについては、途中からはトレードする際のコマとして使われることがほとんどです。

またSeries4以降くらいの選手に関しては、レートが高くさらに下がりづらく、次シーズンでも求めるユーザーが多いので、安心して持っていられる選手になります。理由としては以下が挙げられます。

  • 選手獲得での排出方法的に、Seriesが後半にいくにつれて対象選手をひく確率が薄まっていくため。
  • Series後半だと新シリーズが近く、新シリーズでは排出が止まってしまうため。

選手ごとのレート

選手自体が人気選手だと、レートが上がりやすくなります。

毎年人気の選手でいいますと柳田選手山田選手大谷翔平選手坂本選手などが、毎年人気が高く、レート的にも高騰しやすいです。つまりマスコミによく取り上げられているような選手はレートが高騰しやすいと覚えておくといいかもしれません。

退団によるレート変化

選手が引退などで退団になると、レートが一気に下がる傾向があります。

選手として使えなくなるわけではないのですが、将来的に長い目で使えない(凸用にも使えない)ですし、トレードもできなくなってしまうため、レートは一気に下がっていきます。

新排出選手によるレート変化

新選手排出は、周りの選手のレートにも影響します。具体的には同球団の選手で同ポジションの選手のレートを下げる効果があります。これはもちろん選手としての代わりがきくようになるからです。

また1つ上のレアリティの選手が排出された際には、徐々にレートが落ちていく形となります。最初は凸用で使うユーザーがいるため、一気には下がらない(ちょっと上がるくらい?)ですが、最終的には使わない選手になってしまうため、レート的には落ちていきます。

最後に

いかがでしたでしょうか。レートはこのように様々な要素が影響していますし、ここに記述したもの以外の要素ももちろんあります。これを参考に全体の大局観をつかんでいただけたら嬉しいです。

次章以降では、このレートを意識してトレードをいかに有利に進めていくかについて、記載していきたいと思います。

レアリティ上げを成立させる >>

おすすめ記事

    inserted by FC2 system